TDLは割引チケットがお得

大好きな東京ディズニーランドですから何度でも行きたいものですね。しかし、入場券は結構高いのそんなに簡単には何度もいくことはできません。TDLの普通の入場券は、1デーパスポートの場合、大人が五千八百円。中人(中学生から高校生まで)五千円。小人(4歳から11歳まで)三千九百円となっています。その他のチケットの種類として、マルチデーパスポートというのが用意されています。マルチデーパスポートとは、2つのパークを楽しめるチケットのことで、2デーパスポート、3デーパスポート、4デーパスポートがあります。ちなみに料金は、大人の場合2デーパスポートで一万円。3デーパスポートは一万二千円。4デーパスポートは一万五千円です。例えば、家族4人で東京ディズニーランドを満喫しようとした場合、1日だけでも二万円前後かかってしまうことになります。これに交通費や食事代、泊まりの場合は宿泊費もかかるわけで、できるだけ安い割引チケットが必要となってくるわけです。

割引チケットの入手方法

東京ディズニーランドの割引値チケットを入手する方法はいくつかあります。まず簡単なのが、夜間の割引チケットです。夜間割引チケットは、スターライトパスポート、アフター6パスポート、ウィンターナイトパスポートの3種類があります。スターライトパスポートは日曜祝日の午後3時から入園が可能。アフター6パスポートは平日の午後6時から、ウィンターナイトパスポートは冬季限定で午後5時から入場することができます。窓口で購入できるので簡単ですが、楽しむ時間がないのが残念です。その他の割引チケットとしてオススメなのは、年間パスポートです。この年間パスポートを購入すれば、1年中好きなときに東京ディズニーランドに行くことができます。問題のお値段ですが、ディズニーランドとディズニーシーの両方で使用可能な2パーク年間パスポートは、大人が七万五千円。片方のみの東京ディズニーシー年間パスポートまたは、東京ディズニーランド年間パスポートは、四万五千円となります。つまり、東京ディズニーランド年間パスポートで8回、2パーク年間パスポートの場合13回東京ディズニーリゾートに遊びに行ければ元が取れることになります。

その他の割引チケット

ここからは、上級者向けの東京ディズニーランド割引チケット購入法になります。まずは、ネットオークションを使う方法です。これはヤフーオークションや楽天オークションなど大手のところで「東京ディズニーランドチケット」と検索すればすぐに見つかると思います。その他には、金券ショップで格安チケットが購入できます。近所に金券ショップが複数ある場合は金額を比較してみることも大切です。また、時期によっても割り引き価格は多少違ってくるようです。あとは、年に1度のチャンスですが、東京都民デー、千葉県民デー、神奈川県民デーなどで割り引き価格で購入できます。東京都民デー、千葉県民デー、神奈川県民デーは、普通平日がその地域の住民にはお休みになるのでそれだけでもチャンスといえます。最後に割引チケットではなく、無料で入場券を手に入れる方法があります。それは、東京ディズニーランドを経営している会社、つまり、オリエンタルランドの株主になることです。そうすると株主優待としてディズニシーでも両方使えるワンデーパスポートのチケットを無料で2回もらうことができます。東京ディズニーランドが本当に好きでしたら株主になってディズニーリゾートを応援しながらアトラクションを楽しむのもよいかもしれないですね。

Copyright © 2008 東京ディズニーランドのチケットを割引で購入する方法