ピアノ防音対策

Image Replacement

ピアノの部屋の防音対策

マンションや建売住宅などでピアノを弾くときの防音対策にはいくつか方法があります。いちばん手軽な方法としては、ピアノ本体に防音パネルを取り付ける方法です。
ピアノテックスやライトテックスなどの、遮音性や吸音性にすぐれたパネルをピアノ本体に取り付けます。取り付けは簡単なので自分でもできます。
アップライトはピアノの後ろ側にパネルを取り付けます。
グランドピアノの場合は、ピアノの下の部分にパネルをあてます。それからピアノの蓋をあけた中にも、シート状になった防音材のスーパーミラクルシートを置きます。スーパーミラクルシートはそれぞれのグランドピアノの形状に合わせて作成してもらえます。特殊な発泡樹脂でできていて遮音ゴム板が入っているものもあります。
これらの防音パネルは、ピアノの音質を変えることなく遮音、吸音してくれます。また、取り付けの際にピアノを傷つけることもありませんので、ピアノにはおすすめの防音方法です。
ピアノの足には、スーパーインシュ静を使います。このインシュレーターはピアノの足が床から浮いた状態になるため、床に直接伝わるピアノの音の振動を抑えることができます。床の上に防振台を設置して、そこにピアノを置く方法もあります。マンションなどでは床から伝わる防音効果が大きいです。スーパーインシュ静にしたうえで、防振防音ゴムマットや防音絨毯などもありますので併用するといいです。
このほかのピアノ防音対策としては、ヤマハのアビテックスやカワイなどのボックスタイプの防音室も効果が大きいです。レンタルや中古もあります。ボックスタイプなので、部屋にボックスをいれると、もちろんスペースが限られてしまいますが、防音効果は抜群です。ボックスの外にピアノの音は漏れるものの、マンションなどでは隣の家にまで音が響くことはないようです。
いちばん防音効果が高いのは部屋の防音工事です。部屋の広さや梁などに合わせて施工してもらえます。窓やドアも防音効果の高いものに取り替えたりするため費用が高くなりますが、ピアノの防音としては理想的です。